資金繰り改善サポート │ 実績300件以上、最短即日面談可能

資金繰り改善サポート

【対応地域】 全国(特に、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県)

03-3238-5411

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝日(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

財務の家庭教師

財務の家庭教師(平日夜間・土曜日限定)

「財務に強くなりたい」と考える社長・後継者の皆さん!

一番の近道は、自社の財務諸表(決算書、試算表)をもとに専門家から個別指導を受けることです。

ZOOMの登場により、日本全国どなたにも、手ごろな価格で個別指導サービスをご提供できるようになりました。

個別指導なので、あなたのニーズに100%合わせることが可能です。

経営数値に関することなら何でも相談できるので(たとえば、経営計画、銀行交渉、売上予算、税金、人材マネジメントなど)、自社の状況に応じた幅広い知識を習得することができます。

ご提供するのは、社長・後継者が「一生使えるノウハウ」です。数字がまったくダメという方も図解を用いた分かりやすい説明で、合格(?)へ導きます。
お申し込みをお待ちしております!
=======================================
以下のようなテーマについてZOOMで個別指導を行います。「特にココを知りたい」「簿記の基礎から学びたい」など、ご要望をうかがった上で決定します。
1回2時間で回数は自由に選べます。

ここをタップして表を表示Close
テーマ 内容
PL 「損益計算書」の読み方
活かし方
  • 自社の「損益計算書」を確認する
  • 日々の会計処理はどう行われているか
  • 自社のPLで社長が頭に入れるべき数字
  • 自社の利益構造(変動費と固定費)
  • 過去5年の振り返りと今後のPL計画
BS 「貸借対照表」の読み方
活かし方
  • 自社の「貸借対照表」を確認する
  • 銀行が重視する3大ポイント
  • 貸借対照表と資金繰りの関係
  • 借入残高など、社長が頭に入れるべき数字
  • BSの改善計画の立て方
試算表 「試算表」の読み方
活かし方
  • 毎月チェックすべき数値、読み方のコツ
  • 月次業績資料の作成と従業員のマネジメント
  • 着地予想と利益目標
  • 試算表から資金繰り表を作成する
  • 銀行に提出する際の注意点
CF 「キャッシュフロー計算書」「資金繰り表」
の読み方・活かし方
  • 自社の「キャッシュフロー計算書」を確認
  • 過去5年のキャッシュフローを振り返る
  • 資金繰り表の作り方
  • 資金繰りを説明する際の注意点
  • 財務キャッシュフローに基づく借入計画
税金 「税務申告書」の読み方
活かし方
  • 税金の仕組み、決算書との関係
  • 法人税申告書のチェックポイント
  • 役員報酬、接待交際費などの考え方
  • タックスプラン(税金計画)の立て方
  • 消費税と資金繰りの関係
銀行交渉 銀行交渉の行い方
  • 決算書の格付け評価(CRDランク)と改善点
  • 銀行がどこに注目しているか
  • 決算説明資料、事業計画書の書き方
  • 銀行借入一覧表のチェック
  • 自社に合った金融機関の選び方
分析力 売上と利益の分析・事業面の「強み」の伝え方
  • 過去10年の売上推移からヒストリーを作成
  • セグメント別売上高と粗利の分析
  • 限界利益などから、利益率の改善を計画
  • SWOT分析と伸ばすべき強みの考え方
  • 銀行へのアピールポイント

●講師 安田順 
●指導時間 1回2時間(休憩を含む)
●時間帯 平日夜間(18時30分~24時頃)と土曜日(9:00~17:00)
●指導料 1回 20,000円(税込22,000円) 
※指導日の前日までに1回分をお振込みいただく形になります。
●途中でのキャンセルや延期は可能です。その場合、1週間前までにお知らせください。
●使用教材
・毎回オリジナルのテキスト(PDF)をお渡しします。
・補助教材として安田順の以下の書籍(2冊)を用いますので、事前にご購入ください。
  社長のための「中小企業の決算書」読み方・活かし方
  社長のための「中小企業の決算書」財務分析のポイント
 ・状況に応じて簿記3級のテキストを用いる場合もあります
●指導に先立ち、御社の財務内容を分析します。
 事前に以下の資料をご提出いただきます。(秘密保持契約を締結)
・過去10年分の決算報告書、勘定科目内訳明細書、税務申告書
・直近3年分程度の各月試算表
・銀行借入金の明細資料
・その他、業績や資金繰りに関する資料
●原則としてZOOMを使った指導になります。
●お申込み・ご相談
・下記までメールをお送りください。
   info@yasuda-keiei.com
・お電話(03-3238-5411)でのご相談も可能です。
 外出の場合は、お手数ですが、担当者に折り返しの電話番号を伝えてください。
・その後、ZOOMで打ち合わせを行い、ご納得いただいた上でスタートします。
・当事務所や御社など、リアルの場で打ち合わせを行うことも可能です。その場合は、恐
 縮ですが、面談料をご負担いただきます。

Return Top