資金繰り改善サポート │ 実績300件以上、最短即日面談可能

資金繰り改善サポート

【対応地域】 全国(特に、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県)

03-3238-5411

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝日(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

日本政策金融公庫の「資本性ローン」について

日本政策金融公庫の資本性ローン(挑戦支援資本強化特例制度)をご存知でしょうか?

資本性ローンは7~15年の期限一括返済で、BS上は固定負債に計上しますが、長期に渡って元金返済が不要、法的倒産時の扱いも他の債務に劣後するため、金融機関はこの資金を自己資本扱いすることができます。

例えば、債務超過(純資産の部のマイナス)が△3000万円の会社が、5000万円の資本性ローンを借りると、純資産は2000万円のプラスとなり、一発で債務超過解消です。

なんと、借金したほうがB/Sの数値が改善し、銀行の評価があがるのです。

資本性ローンの融資は、公庫の既存借入との借換えではなく、真水(ニューマネー)です。

銀行返済をリスケしている会社は、この資金を一時的に他の金融機関の返済に回して、メインバンクの融資の呼び水とし、正常返済の状態に復活させることができます。(もちろんリスケしていない会社も使えます)

業績好調な場合、資本性ローン部分の金利は通常借入よりも高くなります(最高6.35%)が、それでも債務超過の会社や毎月の返済負担が重い会社には有力な選択肢ではないかと思います。

もっとも、資本性ローンの審査に通るのは容易ではありません。

黒字であることが絶対条件で、加えて、メインバンクやサブバンクが協力的であることが必要です。(中小企業事業では事前にバンクミーティングを開くことも多い)

Return Top