資金繰り改善サポート │ 実績300件以上、最短即日面談可能

資金繰り改善サポート

【対応地域】 全国(特に、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県)

03-3238-5411

電話受付時間 : 平日9:00~18:00 休業日:土日祝日(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

資金繰りは「借金の多さ」で決まる

当事務所はホームページを公開しているため、よくお問い合わせの電話をいただきます。

大半は、資金繰りやリスケの相談で、「とりあえず電話で話を聞きたい」という方も多くいらっしゃいます。

適切に電話相談に応じるには、こちらからの質問が重要になります。

 安田「失礼ですが、いま、借入はどのくらいありますか?」

 社長「えーっと、たしか全部で2億くらいです」

 安田「年商に比べると、ちょっと多いですね」

 社長「そうなんです。売上が下がってまして・・・」

 安田「借金が増えたのは、最近ですか?」

このような質問を5~6分していれば、会社の状況が見えてきます。

私が上記のように借入金額を確認するのは、資金繰りの実態が「借金の多さ」に表れるからです。

借金は”嘘をつかないデータ”です。

仮にPLが黒字でも、過剰な投資を行えば、BSには異常値の借金が計上されます。

黒字だろうと自己資本比率が高かろうと、借金が異常値に達していれば、その会社はどこかがおかしいのであって、現実に資金繰りのリスクを抱えています。

当然、金融機関も「借金の多さ」には注目しています。

資金繰りを健全化したいなら、「借入金月商倍率」と「債務償還年数」をマークすべきです。

そうすれば、次の融資を受けられるかどうかも、ある程度、読めるようになります。

 

Return Top